【家ネタ】間取りの検討

  • 2016.10.04 Tuesday
  • 23:47

どうも

 かふぇもんたんです。

 

今日は、のろのろ更新企画。

「一条工務店で家を買った時のまとめ」です。

今回の記事は「間取り」についてです。

 

 

家の間取りは土地の形状の関係もあり、十人十色の世界です。

そんな中、うちはどういう風に決めたかというと、会社の先輩などを巻き込んで

自分で練りに練って打ち合わせしました。

 

まず、仮契約の時などは営業さんが図面を出してくると思いますが、これはもう

面積と金額を出すだけの資料でした。

そこで、簡単に建築士に要望を伝えてたたき台になる案を作ってもらいました。

 

その時に伝えた要望は、

 ・リビング階段

 ・1階リビングに直接収納をつける。(子供の服やお出かけグッズは1階にあると便利)

 ・トイレはリビングから玄関を通ってアクセスする。(リビングから直接トイレは絶対やだ)

 ・2階のベランダは大きく。

 ・寝室にウォークインクローゼット

 

できた案1がこれ。

・1階部分

・2階部分

 

リビングの中央にスペースを分ける壁が窓側から生えていますが、これはベランダを大きくする場合

支えが必要になるのでどうしても要るとのことでした。

 

この図面を先輩に見せたり、嫁に見せたりすると、以下の問題が浮き上がってきました。

 

 ・ベランダはそれほど重要じゃない。リビングを区切る壁は削除すべき。

 ・脱衣所の構造が非効率。洗面台脇の収納は無料オプションだが、それに目がくらんではいけない。

 ・玄関の扉は、家の中が見えにくいように主ドアの位置を決めるように。

 ・2階右下の部屋が狭い。子供2人は耐えられない。

 ・収納が若干少ない。

 ・2階廊下からWICに入る扉は不要。

 

ということで、練り直した案がこちら。変更点は以下の通り。

 ・脱衣所の構成を変更。洗面台横収納の代わりにパントリーを追加設置。(これ便利)

 ・脱衣所も引き戸の仕様に。(風通しの関係で開けっ放しにするところは引き戸にするべき)

 ・ベランダは小さく、さらに建物から全部はみ出る形に。(洗濯物を干す広さとして十分でした)

 ・リビングはダイニングと一切の区切りが無い一体構造になり、1畳アップ。

 ・2階右下の子供部屋は、6.5畳から8.5畳に。

 ・WICの収納は入り口を削減して収納量を確保。

 ・階段上廊下にも1つ収納を増加。

 ・玄関はメインの通りの方から見えにくい方向に。

 

1階部分

2階部分

 

これらの黄色い紙の絵は、私が書いて実際に打ち合わせに持って行ったものです。

結果として、特に不満のない間取りになりました。

さらに、2階が真四角になった事で発電量も増えるという副次効果付きです。

もう4年住んでいますが、生活に何も問題ないです。

 

 

会社の先輩がたに聞くと「こだわりすぎて動線がめちゃくちゃになったわ」だの、

「ケチり過ぎて結局後から手間とお金がかかった」だの悲惨な話をたくさん聞きました。

結局、デメリットが増えるこだわりは捨てた方がマシという

事に気付きました。

 

 

私が捨てたこだわりは、

 ・大きいお風呂(結局風呂の時間は少ない)

 ・構造化照明(自己満に近い)

 ・奥行きの広いキッチンボード

 ・洗面台脇収納

 ・リビング幅の4.5尺化(耐震強度の問題で断念)

 

しかし、誇示したこだわりもあります。

 ・玄関のベビーカー置き場

 ・全部屋へのLAN配線(CAT6)

 ・5.1ch壁面スピーカー

 ・電動スクリーンと天井プロジェクタ ・・・などなど

これらはおいおい記事にしましょう。

 

 

 

しかし、昔の家がみんな同じ形をしていたのは、それだけ使いやすかったって事なんだなぁ。

 

 


★★★お友達のN村さんのブログはこちら!★★★


ぽちっとしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村

★ええそうです。分相応って事ですね。

 

【家ネタ】外のコンセントの設置について

  • 2016.09.30 Friday
  • 23:56

どうも

 かふぇもんたんです。

 

 

今日は、のろのろ更新企画。

「一条工務店で家を買った時のまとめ」です。

今回の記事は「屋外コンセント」についてです。



最近話題のプラグインハイブリッドやEV。
これらを使うなら家の外に200V線を引いておくのが重要です。

でも、家の外に電気のコンセントを作るとなると気になるのが、

「いたずらされないかしら・・・?」ってこと。
朝起きたら敷地内でヤンキーが携帯充電してました!なんて嫌だもの。


そこで、ベストアンサーを考えました。
それは、いろいろ使う用の100VとEV用の200V専用線(専用線=分電盤から1本でつなぐ)の2つを外に付けることです。

(EV用の場合、分電盤からの直配線にしてください。エアコンに分岐したりすると、最悪高速充電に耐えられ無いかもしれません。)

 

さらに100Vコンセントには、屋内にスイッチを付ける事にしました!

用途が特殊なことが一目でわかるように、パナソニック電工の「こまめスイッチ」の

スイッチ部分だけを利用しています。

『埋込「入」「切」表示スイッチ』って名前みたいです。

 

このスイッチを操作することで、外に給電される仕組みです。
主な用途は、洗車時の掃除機・工具・外作業用ライト等を想定しています。

そして、200V用はあえてスイッチにせず、ブレーカーで操作する事にしました。
これは、EVが常に充電してなんぼだからであり、簡単にスイッチ切ってしまって

いざというとき充電されていないことを防ぐため。

実際に200Vを使用する時は、EV対応充電スタンドを増設するつもりです。
スタンドはコンセント部分は鍵がかかるものも多く、それのみで悪戯を防止できます。


はじめからスタンドをつけるなら、日本配線器具工業会の規格番号JWDS-0033で作るのが無難と思いますが
一条さんに任せると、普通の200VコンセントをNEMA規格で作ります。

コンセント形状は必要があれば指定しましょう。

 


ただ、家を購入してはや4年。

EVはまだ買ってませんし、予定もありません・・・w

でも、後付けの場合すごい高額になるので、とりあえずやっておくに損は無いですよ。

お客様がEVで来るの可能性は、もうある時代ですし。

 


★★★お友達のN村さんのブログはこちら!★★★


ぽちっとしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村


 

 

【家ネタ】お金はどこで借りる?

  • 2016.09.29 Thursday
  • 23:16

どうも

 かふぇもんたんです。

 

 

今日は、のろのろ更新企画。

「一条工務店で家を買った時のまとめ」です。

今回の記事は「お金をどこで借りるか」についてです。

 

 

私の場合、不意打ちで土地を見つけてしまい、申し込みもできてしまい

あっという間に抜き差しならない状況。
もう、超特急でローンを探さないといけなかったのです。

まず初めに言います。
みなさんは、土地探す前にローン探してください!

間違っても、土地を先に見つけないように。
落ち着かないです。

なので、理想を言うなら以下の順番で決めていくといい。

  (1)ローン
  (2)ハウスメーカ
  (3)土地

なんせ、土地購入の決断は見えない他者との競争でもあります。
土地が出てきてからローン探そうと思うと、狙った土地が逃げる事も多々有ります。
ただ、ローンとハウスメーカは同時に探してOK。
後から知ると面倒なので、ハウスメーカ提携のローンは必ずチェックです。


さて、今の時代住宅ローンは3種類あると思っています。(私調べ)
その3種類と言うのが、


◆既存銀行系ローン
◆ネット銀行系ローン
◆住宅金融支援機構

それぞれ一長一短があります。


既存銀行系ローン
言わずとしれた、都市銀行・地方銀行・信託銀行などのローンです。

・金利勝負ではネット銀行系に負ける
・審査が厳しい事がある
・保証料が必要 (3000万の借り入れで、70万程度)
・団信保険は無料で銀行が加入してくれる
・団信にガン保険を付帯していることがある
・複数回実行などの手段が可能

ネット銀行系ローン
金融緩和に伴ってできたソニー・楽天などのネット専業系のローンです。

・金利がとにかく安い

・金利がすぐ変動する
・審査の硬さは会社によってまちまち
・保証料が不要の代わりにだいたい同額の手数料が必要 (3000万の借り入れで、70万程度)
・団信保険は無料で銀行が加入してくれる
・団信にガン保険を付帯していることが多い
・複数回実行などの手段が可能

住宅金融支援機構のローン
旧住宅金融公庫です。実際には銀行の取次ぎにて契約するフラット35といった商品です。

・全期間固定金利を選んだ場合の金利は抜群に良い
・申し込みが増えると審査が厳しくなる
・保証料が不要
・団信保険は有料で加入する (3000万の借り入れで、200万強)
・長期優良住宅が条件の場合、住宅が完成するまで実行されない為つなぎ融資が必要(つなぎは金利が悪い)


とにかく変動金利が大嫌い!という人は住宅金融支援機構一択です。
とりあえず金利を一番下げたいなら、ネット銀行系ローンの変動金利が魅力。
こうなると、既存銀行系ローンの魅力が無いように見えますが、1点ポイントがあります。

既存銀行系ローンだけ繰上げ返済すると保証料が少し戻ってきます

返済計画に余裕がある人は、既存銀行系ローンも捨てがたいはずです。

 

 

 

いろいろ調べた挙句、私は既存銀行系ローンにしました。


どれにするかは、個人の責任で選択するしかないんですけど、
皆さんも、どうぞ間違いの無い選択を。

 

 

(注意! 上記を調べたのは既に5年も前です。今の状況は各自しっかり確認してくださいね。)

 


★★★お友達のN村さんのブログはこちら!★★★

 



ぽちっとしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村


 

【家ネタ】インフラ関連の追加工事

  • 2016.09.29 Thursday
  • 22:49

どうも

かふぇもんたんです。

 

 

今日は、のろのろ更新企画。

「一条工務店で家を買った時のまとめ」です。

今回の記事は「必須3大インフラ」についてです。

 

 

必須3大インフラとは、
●水道
●ガス
●電気

です。
ポイントは「追加で工事が必要な物があるか?」です。


・水道については、水道局で水道管の図面をもらい現況を確認。
また、売主から購入の前年に引きなおしたという私道下の配管の図面ももらいました。

購入物件の現況は、接道面から私道下の水道管に13mmで接続しています。
私道部分にちゃんと水道管が通っています。

「あたりまえじゃん!」と思うかもしれませんが、地目が「山林」になっていると

そもそも水道管が近くに無かったりするそうです。怖い怖い。

私の場合は、現状13mmで引き込んでいる上水道ですが、

私道下に30mmの水道管から20mm管で引き込み直しました。

 

私道下の配管は合計3件の家で共有しています。
3件とも20mmにしても問題無い太さとして、30mm管を選択したそうです。

なぜ昨年引きなおしたかと言うと、昨年まで、南側の家屋の下を通っていたそうです。
そして、南側の家屋の建替えを期に、私道部分に配管を新しく設置したとのこと。
そういわれると、水道メータの箱も新しいです。

追加工事は引き込み管のみ20mm管で引きなおし。
50万円程度見積もる必要があります。


下水は本下水でした。浄化槽の設置は不要です。
まあ、東京都であればたいていはそうなるでしょう。
東京都は接続料も無料なので、追加工事なしです。


雨水は浸透式です。
一条工務店の雨水マスは標準のはずなので、これも追加工事なしです。


・ガスについては、
都市ガスの配管は無理な距離でした。
800mも先にしかありませんでした。
よってプロパンガスしか選択肢は有りません。
これは、致し方ないです。

プロパンガスの初期費用は必要ですね。
でも、最近は初期費用はガス会社もちが多いので、加算ゼロにします。

(ガス会社の選定にこだわりがある場合、必ず前もって伝えましょう。)

 


・電気
これは住宅地であり、現在も引き込まれているので問題無いです。
特別新たに電柱を立てる必要も無さそうです。
ただ、私道上空に電線が通っていて、クレーンを使ったi-cubeの棟上工事

の邪魔になるかもしれません。
電線移設費用に10万見ておきます。


いくつか工事はありそうですが、
インフラで困ることは無さそうです。


まとめ
水道管引きなおし(20mm) 50万円
電線移設費用(工事期間) 10万

 

 


★★★お友達のN村さんのブログはこちら!★★★


ぽちっとしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村


【家ネタ】買ってもいいと思える土地の条件?

  • 2016.09.27 Tuesday
  • 23:44

どうも

 かふぇもんたんです。

 

 

今日は、のろのろ更新企画。

「一条工務店で家を買った時のまとめ」です。

今回の記事は「購入した土地」についてです。

 

 

下に私の購入した土地について、購入前に調査したことを書き上げてみます。

ついでに青文字で当時気にしていたことにコメントも入れました。

 


●立地
駅との距離:徒歩15分程度。2駅利用可。(どっちからも等しく遠いとも言えます)

 徒歩20分までなら射程圏内でした。嫁ちゃんの実家が近いのが一番の決め手でしたが。

前面道路の事故頻度:袋小路の私道のため住民以外通行しない
駅からの徒歩ルート:街灯あり(でも暗め)
周辺施設:住宅街
商業施設:近隣に無し(最寄コンビニの距離は直線で800m)

●大きさ
193平米強(58坪強)
60坪以上で固定資産税の小規模宅地特例がなくなるので良いサイズです。前の前の家主が不動産関連というのも頷けます。


●価格

路線価 87E(1平米あたり8万7千円)
→路線価価格 ¥16,791,000円
販売価格 2000万円近辺
→路線価格比 120%〜119%の間

 路線価の価格と比較して120%を割ったのは割安に思えました。上物はまだありましたが、価格には含まれていないようです。


●詳細
地目:宅地
現況:古屋あり  解体費用を捻出する必要がありましたが、予算内(+100万強)でした。
接道:5m   十分です。

道路:幅4.5mの私道(私道の所有権有り) 

     セットバック不要。私道は「所有権有り」が重要ですが、ちゃんとありました。
権利:所有権  購入したいので、借地権ではなく所有権です。
都市計画:市街化区域
用途地域:一種低層住宅専用地域
建蔽率:40%
容積率:80%
その他規制:第一種高度地域
計画道路:干渉なし

      十数メートル南にそこそこ大きい道路の計画がありますが、今の所眠った計画です。
日当たり:南側は住宅
上下水道:上水道直径、13mm(直接道路から配管している)

      上水道の水圧も問題なしでした。水圧は生活に影響あります。トイレ流れないとか悲惨でしょ?

      昔の家の場合、他人の敷地の下で水道管を分岐していた時代もあり、配管ルートは重要です。

     下水道、本下水

     雨水処理、浸透式
ガス:都市ガス線まで800mで不可(ガスの場合はプロパンガス) プロパンは仕方なしです。
電気:東京電力(近隣に高圧電線は無い) 

      高圧電線は気にする人としない人がいるそうで、念のため確認しました。
洪水ハザード:ハザードマップ作成対象外地域 ハザードマップが完璧とは思いませんが、安心です。
事故物件:該当無し


ちょうど探していた地域でもあったので、見つけてすぐ飛びつきました。

不動産屋を呼び出し、平日夜だったけどその日に内覧させてもらい、内覧直後に申し込みしました。

入れ替わりで別の方が内覧に来ていて、不動産会社に戻る頃はその方も申し込んできたと聞き、

一瞬の判断ミスで物件がなくなる世界なんだなと改めて実感しました。

不動産の世界は先着順なので、もちろん購入させてもらいましたが、後ろに一人いることで

価格交渉はできませんでしたね。

 

大きい買い物なので、自分が出せる金額や、必要な条件を整理し、

買わなくても近隣地域の土地を紹介してもらい、価格感覚を得ておくと良いと思います。

それもこれも、出物が出た時に一瞬で判断できる準備になります。

 


★★★お友達のN村さんのブログはこちら!★★★


ぽちっとしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村


 

【家ネタ】家屋解体で問題発生!

  • 2016.09.26 Monday
  • 14:32

どうも

かふぇもんたんです。

 

 

今日は、のろのろ更新企画。

「一条工務店で家を買った時のまとめ」です。

今回の記事は「古い家屋の解体でのトラブル」についてです。

 

 

私が解体を依頼した時、購入した土地に出向くまで車で1時間かかります。

そういう距離に住んでいたものですから、解体も立ち合えず業者さんに

お任せしていました。

 

解体作業当日、その日は作業終了の連絡が夕方に来て、

「通常通り作業しました」と連絡を受けます。

その数時間後、購入した土地の近所に住んでいた嫁ちゃんの親から、

「2件隣の空き家も一緒に解体してるよ」なんて連絡が来ました。

 

 

・・・?

そんな偶然あるでしょうか?

2件隣は、外観は綺麗なものの、すでに10年近く放置されている空き家です。

今更壊す理由もなく思えますし、偶然にしては出来すぎています。

 

 

改めて不動産屋さんに連絡し、状況を確認すると、「間違って別の家に一発ユンボを

突っ込んだ」と。

んまぁ、よくも黙ってましたね!とは思いましたが、私には何も被害が無いので

何も言えず、とりあえず話を聞くと、すぐに気がついてとりあえずブルーシートで

応急処置し、今所有者を探しているところだとわかりました。

 

なんでも、ナビに住所入れたら、ナビがその家を指したので特に家の特徴とか確認

せずにやっちゃったそうです。現場監督さんに後日会いましたが、落ち込んでました。

 

 

数日後、持ち主は海外に在住で、しかも日本には別の住居もあるので放置していた

ことがわかりました。解体業者が何とか連絡を取り、その方と解体業者間で示談が

成立し、家も綺麗に直されました。

(修繕費もらって解体屋に解体して貰えば良かったのに・・・とは思いましたが)

 

 

こちらは、ご近所に迷惑かけたきっかけでもあるので、ことの顛末を書面含めて説明して

もらいました。

こんなこともあったので、若干不安になり、廃棄物処理のマニュフェストを全て確認と

コピーさせてもらいました。これをもらっておけば、不法投棄があっても施主は

ちゃんと廃棄したと報告を受けていることになり、責任問題に巻き込まれずに済みます。

 

 

 

結局はことが収まったのですが、今思い返しても一番の大トラブルだったと思います。

さて、前回「何が起こったか予想してみてください」なんて書きましたが、当たりましたか?

 

 


★★★お友達のN村さんのブログはこちら!★★★


ぽちっとしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村


【家ネタ】解体屋さんについて

  • 2016.09.26 Monday
  • 01:12

どうも

かふぇもんたんです。

 

 

今日は、のろのろ更新企画。

「一条工務店で家を買った時のまとめ」です。

今回の記事は「古い家屋の解体」についてです。

 

 

私の購入した土地には古い家屋がありました。
古い家屋を解体するには、解体屋さんにお願いする必要があります。

自分で壊すなんてゼッタイ無理だし、登録業者じゃないとできません。

廃棄物の処理もままなりませんからね。
でも、解体屋さんなんて一生に何度もお世話になる業者さんではありません。
なかなか近しい人の紹介なんて期待できないものです。


私は、不動産屋さんの紹介を利用しました。


決めたポイントは、「顔つながりでの紹介ならバカな事できない」という点。
ほぼこれ一点です。

今回は、不動産屋の社長の顔つながりで御願いしました。
もし適当な解体工事をすれば、不動産屋の顔に泥を塗ることになります。
そう思えば、まったく知らないネットで検索した所に話を持っていって
近隣に挨拶もせず工事したり、浄化槽を残して作業終了したりなどされるよりはるかにマシ。

見積方法が、他社のマイナス10万っていうスーパー大雑把な所が、たまにきずなのですが

まぁ、中小は社長の気持ちで商売しているようなものなんでしょうね。

 

 

しかし、実際にはこの解体作業で大トラブルが発生しました。

これは、誰もが遭遇するようなトラブルではなく、本当に稀な例だと思いますが、

あとあと記事にしますので、何が起きたか予想してみてください。

絶対あたらないと思います。

 


★★★お友達のN村さんのブログはこちら!★★★


ぽちっとしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村


 

【家ネタ】土地の価格の妥当性がわからない

  • 2015.10.24 Saturday
  • 01:52

どうも。

かふぇもんたんです。
せっかくブログ村で一条カテゴリにも居るので、家ネタです。
今回は土地探しについて。


土地を探すのはほぼ運です。
いい場所、いい値段、いい環境が揃ってやっと購入の決心がつきます。
もし条件の良い土地が見つかったとして、その価格の妥当性ってどう判断しましょう?


私は、基本的に以下の3点で土地の価格の妥当性を見ようと思いました。
私が土地さがしをして1発目に紹介を受けた物件の価格は2300万程度。
広さは135平米でした。40坪強です。
私が価格の根拠にしたのは以下の通り。

1、路線価と比べる
 路線価は国税庁が公表しています。HPはこちら
 対象の物件の前の道は、105Dでした。
 105=105,000円/平米です。
 アルファベットのDは借地権の話なので、無視します。
 105,000円×135平米=14,175,000円
 2300万円は、路線価ベースの162%ほどです。
 思ったより優秀な価格です。欲を言えば150%以下に下げたいところ。
 150%だと、21,255,000円です。

2、地価公示と比べる
 国土交通省が出す、一般的な取引価格とされる地価。
 地図から探せるシステムがこちら。
 一番近い土地の取引情報は136,000円/平米でした。
 135平米だと18,360,000円の計算。
 2300万÷1836万は、およそ125%になります。
 この情報は買い主へのアンケートを元に作っていたはず。
 課税の情報にされたらたまらないと思うはずで、念のため実際より低く書く傾向にあるでしょうから、
 路線価より実態に近く、実際の売買より安いという特色があります。
 こちらは120%を下回りたいところ。

3、地盤
 こればっかりは、地盤調査しないと何も言えないですよね。
 一条工務店は購入前の土地の地盤調査を手配してくれます。
 もちろん売主に了承を得てから行います。
 もし地盤が悪いと基礎工事が高額になります。
 その分土地の査定は低くなります。

4、環境でマイナス要素は無いか
 駅との距離
 周辺の教育施設
 生活環境=医療施設、スーパー、公園、および要注意な施設の有無。
 環境音=利便性も捨て難いので、大通りの一本奥が理想か。
 安全=周辺の車通り。災害ハザードマップ・洪水ハザードマップの確認。夜の周辺の暗さ。


これくらい調査すると、およそ値段の良し悪しがわかるとおもいます。
もちろん土地購入を決断するには、このほかに私道・公道の状況や、セットバックの要否、
水道の水圧、下水設備、ガス設備、計画道路の状況、接道の状況、近隣住居の綺麗さなど
確認すべきことはいろいろあります。
最終的には、直感と度胸も必要ですが、根拠の無い度胸は大失敗も引き起こすので、
少しでも目安になればとおもいます。


★★★お友達のN村さんのブログはこちら!★★★


ぽちっとしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村
 

【家ネタ】一条工務店と仮契約から

  • 2015.04.16 Thursday
  • 01:05

どうも。

かふぇもんたんです。
家の建築や設計のことについて、ぼちぼちまとめようかとおもいます。


かれこれ、一条工務店と契約したのは2年以上も前になりますので、
今の一条工務店の対応とは異なるかもしれません。
そこはご容赦いただきたい。

さて、我が家の住宅購入計画は、とても計画的とは言えないものでした。
住宅展示場など、ちょろちょろとハウスメーカーを見てはいました。
でも、これといってピンと来ることもなく、三井ホームからの熱い営業もスルーしていました。

そしてある日一条工務店の説明会に参加。
その後、いろいろと考えはしましたが、土地が見つからなければ全額返金も可という話で
仮契約をしました。
今思うと、三井ホーム・ダイワハウス・その他様々なハウスメーカーの営業はスルーしたのに、
なぜ一条にぽっと決めてしまったのか、いまいちわかりません。
当時出たてだったハイドロテクトタイルがi-cubeに使えるという話が後押ししたのは確かです。
i-cubeの標準外壁があんまり好きではなかったですからw


あらためて、なぜ当時の自分が一条で進めようと思ったのか、考えなおしてみました。


1、家の性能について重視している姿勢が気に入った。
私は掃除機ですらカタログスペックを見て買うようなカタログ厨です。
いままで、その姿勢で買い物をしてきて、満足しなかった事は無いので、家も同様に攻めました。

2、ハウスメーカーとしてソコソコの規模がある。
建てた翌日つぶれるような会社では困ります。
ある程度永続性が見える企業で買いたいと思っていました。
余談ですが、この点から、「建築家や設計士に頼む」という線は当初より外れていました。
フルオーダーは、維持費もフルオーダーなので、僕の資金力ではつらいです。

3、仮契約ならまだ引き下がれる。
仮契約は100万円を一条さんに渡します。
しかし、土地を決めるまではいつでも引き下がれます。
むしろ、仮契約をした方が、一条工務店の本当の姿を見れると思いました。

4、けっこう良い営業に出会えた。
これは意外と重要だと思う。
本音ぶつけられるような人じゃないと、これから一緒に戦えない。
妊娠している妻に気遣って、バスツアーと同じ工程をマンツーでやってくれた。


では、逆に心配な点

1、当時i-smartが掲示板などで叩かれている。
軽く読んだ範囲では、設計の自由度を削った事から、顧客満足度を得られていなかったようです。

2、提案力が低いとの総評
使いやすい家になるかは、施主の努力が必要との事。
ほしい間取りなどが漠然としていると、辛いのかもしれません。
特にマンション育ちの方等は、複層構造の家についてイメージが持ちづいでしょう。
その点私は田舎育ちの一軒家育ちなので、どうにかなりそうでした。

3、建築後の維持費についてまだ説明されていない
建てるための総額については説明を受けています。
諸費用込みで、結構うんざりするほどお金がかかるのは理解しています。
しかし、建築後何年で屋根の補修が・・・といったメンテナンスの情報がありません。
これは設計時に確認することですかね。

4、天井の高さ
一条の2×6では変更できない仕様なのですが、天井高が普通です。
耐震性を考えると背が低いの方が強固なので、良い所もあるんですが、三井ホームなどの
270cm天井を見ると、開放感があるなーと感じてしまうのは事実。
ただ、270cm天井は、都会では北側斜線の影響で2階の天井高が確保できなくなるため結局断念
することが多いという事情もあり、最終的には重要視しませんでした。


★★★お友達のN村さんのブログはこちら!★★★


ぽちっとしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM