ジロ5日目 バーレーン。痛恨のゴール間違い

  • 2017.05.11 Thursday
  • 02:56

どうも。

かふぇもんたんです。

 

ジロ5日目です。

今日はスプリントゴールです。

 

 

終盤のころ10km付近から周回コースになり、各チームの位置取りが加熱。

赤いジャージの場所取り合戦です。

 

カチューシャ

ロットソウダル

バーレーン

 

その中残り7kmでバーレーの選手が飛び出します。

5km周回コースなので、残り6km地点でLAST1kmのゲートをくぐります。

・・・いやな予感。

見事バーレーンの選手は残り5kmを過ぎたところで両手を挙げてペロトンの後ろに飲まれていきました。

そう、1周間違えちゃったのでした。グランツールで。

ジャンをかきならしてたのに。(ジャンはラスト1周の合図です)

 

この恥ずかしいシーンに一瞬気が緩んだペロトンですが、

ロットソウダルがきれいに立て直してきます。

基本的に右からあがってくる癖があるSKYを抑えるため、ロットソウダルの選手は右により

トレインがあがってくるのを阻止。

特にカーブ前では左右に広がって各チームがイン側にもぐりこまないようにしてまがっていきます。

この辺はさすがプロですね。

 

残り3kmでロットソウダルの横にクイックステップが並びます。

クイックステップがロットソウダルのトレインの横につけて、次のカーブのために右に隊列を寄せると

あいた左側からBORAが上がってきます。

するとその横からUAEがするする出てきてBORAにふたをします。

道が狭くなり左に曲がり右にゆるく続くカーブ。

先頭で飛び込んだのは結局BORAで、ここで180度ターンというか、ラウンドアバウトのような道で折り返します。

ここ、さっきバーレーンの選手が飛び出したところ。まったく同じシチュエーションです。

しかし今回の逃げにはしっかり各チーム追随してUAEの選手は下がります。

残り1kmではオリカスコットがトップに。

各チーム180度ターンでトレインを崩し、発射台が入り乱れてゴールまで速度をあげます。

最後、グライペルがでてきましたが、ぎりぎりまで発射台がいたガヴィリアがゴール。

 

 

ガヴィリア、ノッてますね。

マリアローザは、ユンゲルスのまま。

 


★★★お友達のN村さんのブログはこちら!★★★


ぽちっとしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村


 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM