あきらめていたフリーボディの修理ができた

  • 2011.12.16 Friday
  • 13:04
おはようございます。
今日も自転車出勤です。

通勤往路
 Odo 3417.7
 Dst 13.23
 Tm 34.39
 Av 22.9
 Mx 37.4
--->8--->8--->8---
昨日ブログに書いたフリーボディ。
治っちゃいました。


ある日突然、仲間のリアハブのフリーが完全フリー(どっちにまわしてもフリーw)になってしまいました。
コレが事の発端です。


友人が自転車屋に相談すると、1件目では「ハブ交換。ウチでできない。」と言われ、
2件目では「修理に1万円」と言われたそうです。
個人的にはラチェットの倒れっぱなしだと思ったので、ハブ交換は驚きでした。自転車屋として論外。
2件目の1万円もびっくりです。
フリーボディだけ交換するなら部品代で2000円程度です。
8000円が工賃としても、ちょっと高すぎですね。
(ウェアが全部dhbっていう清貧自転車バカの個人的な感覚ですけど)
という事で、「一晩待て、俺がやってみる」と言い出してしまったのです。


ハブの分解は好きな部類の作業なので、家に帰り角煮丼を胃に入れたら早速開始。


物を確認すると、TIAGRA(4500)のリアハブ(FH-4500)です。
驚いた事に純正の2200ではありませんでした。(交換したとは初耳)
これならいけると思って、分解作業の開始です。

シャフト(軸)を外したところまできてびっくり。
スプロケット側のベアリングがカラッカラに乾いていました。

(下がスプロケット側、上は反対側のボールです 上は汚れたグリスでべとべとになっています)
どうやら雨でグリスが全部流れていったようです。
片足スタンドの自転車なので、スプロケット側は雨が流れ込むように傾斜しているはずです。
ソレを考慮すると納得感はあります。

フリーボディを取り外すと、やっぱり前後完全フリーでした。
ベアリングの中がからからになるくらいです。ボディの中に水が入っていてもおかしくありません。
どうにか分解できるかと思いましたが、フリーボディ自体は密閉式で、分解は不可能ぽいです。
うまい事サビや汚れが取れたら復活するかもと思い清掃します。

清掃方法は、ブレーキクリーナをかけて、置いて、かけて、置いての繰り返し。
出てくる出てくる、謎の酸化鉄色の液体。
泥でありますようにw

(コレは清掃後のフリーボディ。玉が当たる部分にボコボコできてますが、使えると思います)


キレイにしてからまわしてみると、「カラカラカラ」とラチェットの動く音がします。
反対回転ではロックします。
見事フリーボディ復活です。やりました。
1万円はぼったくりですw

でも、他に気になる音が。
振るとカチャカチャと小さい金属辺が暴れるような音がするのです。
まさか、ラチェットが1つぶっ壊れて外れているのか?だとしたら走行中に後輪ロックしてしまうかも!?)

いろいろ探して、原因をみつけました!
フリーボディにあるベアリングの玉に隙間があり、これがカチャカチャ言うのです。
輪ゴムみたな物で蓋してあるだけなので、丁寧にこじって捕まえればベアリング玉が見れます。

(問題の箇所。小さい玉が並んでますが、結構隙間を作って並んでいます。グリス無いからカチャカチャ言う。つまり、フリーがカチャカチャいったらグリス流れ済み。)
これ見つけられなかったら、この部分のグリス流したまま組んでましたよ。
危ない危ない・・・。

予想通りに修理できてしまったので、機嫌が良くなってしまい、やんなくてもいいのにスプロケット磨いてしまいました。
ばらした所。黒い!黒いですよ。


組んだ所

「TIAGRAも、磨けば光るアロイ処理」(五七五) ※アロイなのか知らんですがw

あとは全部洗浄して、組み付けておしまいです。
ちゃんとグリスアップして、玉当たり出しました。
今日はいい仕事しました。
(自画自賛)

それではみなさん、今日もご安全に。




ブログ村で、他のブログもどうぞ。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ



こちらはAmazon


コメント
ここまでやりましたか、たいへんでしたね。
ところで、フリー体には2列のボールベアリングが仕込んであります。
車輪側はやったようですが、外側はどうしたのでしょうか?
洗ったままだとボールも内部も減りまくりですが?
二番目の写真のフリー体内部の切りかきに工具を掛けてバラします。
  • たろ
  • 2018/03/06 2:58 PM
>たろさん
コメントありがとうございます。
外側のボールベアリングですが3枚目の写真は2枚目のフリーボディを上下さかさまにしたときの写真です。
分解するのが手間だったので、車輪側は3枚目の写真の隙間からグリスガンでグリスを注入して終わりにしちゃいました。
なんとかヌルヌルにはできましたよ!
横着ものなんです・・・。
  • かふぇもんたん
  • 2018/03/27 12:19 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM